XHTML版 HTML版 DebugString
易とは?


易とは?

ご存知の通り、易は古代の中国をその発祥の地とします。その起源は今から約5000年前、紀元前2400年位前の中国の皇帝であった「黄帝」の何代か前の皇帝であった「伏儀」が最初に「八卦」を発見したことに始まるとされています。しかしながらその時代はいまだ特定されておらず神話の域を出ていません。日本流に言えば天照大神といったところでしょうか。

 中国の古い文献に「人は三聖を更え、世は三古を歴たり」とあります。三聖とは「伏儀」「周の文王父子」「孔子」をいい三古とは伏儀の上古、周公の中古、孔子の下古を指します。このように伏儀氏という名は随所に出てきます。また、現代中国の甘粛省の天水市には伏儀が生まれたとされる甘粛省天水市伏羲廟があり、河南省の周口市には大昊伏儀が都を築き没したとされる河南省周口市大昊陵があります。これらの都市は、現在でも地元を初め中国各地から参拝者が集い、にぎわっています。


◆会員登録◆
TOPへ
(c)オフィスオザワ
易とは?


易とは?

ご存知の通り、易は古代の中国をその発祥の地とします。その起源は今から約5000年前、紀元前2400年位前の中国の皇帝であった「黄帝」の何代か前の皇帝であった「伏儀」が最初に「八卦」を発見したことに始まるとされています。しかしながらその時代はいまだ特定されておらず神話の域を出ていません。日本流に言えば天照大神といったところでしょうか。

 中国の古い文献に「人は三聖を更え、世は三古を歴たり」とあります。三聖とは「伏儀」「周の文王父子」「孔子」をいい三古とは伏儀の上古、周公の中古、孔子の下古を指します。このように伏儀氏という名は随所に出てきます。また、現代中国の甘粛省の天水市には伏儀が生まれたとされる甘粛省天水市伏羲廟があり、河南省の周口市には大昊伏儀が都を築き没したとされる河南省周口市大昊陵があります。これらの都市は、現在でも地元を初め中国各地から参拝者が集い、にぎわっています。


◆会員登録◆
TOPへ
(c)オフィスオザワ